技術と本について書くblog

技術と本について書くblog。技術メモなど雑記を書いているblog。

App Storeで追加されたCustom Product Pagesについて

こちらは主に Get ready to optimize your App Store product page で紹介されたApp Store の紹介についてのまとめになります。

ちなみにリリースは今年後半です。

App StoreのWWDC2021で発表された進化

Custom Product Pages

App Store Connectにストア画像などを様々な種類を登録可能に

f:id:ruteinyoyokk121:20210618204152p:plain

アプリのプレビュービデオ、スクリーンショット、プロモーションテキストなどをそれぞれ別に用意することができます。

各ページは完全にローカライズ可能で、固有のURLを使って共有でき、最大35種類作成が可能です。

これらのストア情報はApp Analyticsでimporessions, Downloads, Conversion rateが確認可能だけでなく、Retensionやユーザー1人あたりの平均収益もわかります。

この情報により、各ページがユーザーにアプリをダウンロードさせるのにどれだけ効果的かを知ることができます。

例えば

「Mountain Climber」のようなアプリでは、 ・ライブストリーミング機能を紹介して、登山者をリアルタイムで追いかけたり、山頂までの自分の旅をストリーミングしたりすることに興味がある人たちにアピールすることができます。

・GPSトラッキング機能を強調したカスタム製品ページを作成して、友達と一緒に登山計画を立てることに興味がある人にアピールすることもできます。

f:id:ruteinyoyokk121:20210617230932j:plain

ゲームを開発している場合は、最も魅力的なキャラクターや人気のあるゲームプレイモードを紹介するページを作成するとよいでしょ う。

また、動画コンテンツを扱うアプリであれば、特定の番組やチャンネルを対象としたカスタム製品ページの作成を検討することができます。

カスタム商品ページをどのように使用するかにかかわらず、この機能を準備する方法は次のとおりです。

まず、目標を計画します。

ページを作成する前に、明確な目的を持ってください。

次に、アプリの機能やコンテンツと、これらのページで強調したいものを検討します。

最後に、メタデータの準備を始めます。

各ページには、アプリのプレビュービデオ、スクリーンショット、プロモーション用のテキストがそれぞれ用意されているので、今すぐページ用の新しいビジュアルアセットとテキストの作成に取り掛かってください。

今年の後半にこの機能がリリースされたら、ページを作成してApp Store Connectでメタデータを送信する準備ができていることでしょう。

この作業は、アプリケーションの新しいバージョンを提出することなく行うことができます。

承認されると、カスタム製品ページを独自のURLで共有できるようになります。

もちろん、App Storeで検索したり閲覧したりしてデフォルトの商品ページにたどり着いたユーザーも非常に重要です。

Product Page Optimization

Product Page Optimizationはデフォルトページにさまざまな加工を施してテストし、どのページが最もユーザーに受け入れられるかを判断することができます。

簡単にいうとABテストです。

例えば、青いアイコンのオリジナルページと赤いアイコンのトリートメントページがあったとします。

それぞれのページへのトラフィックを分けて、それぞれのダウンロードコンバージョンを測定すると、トリートメントページの方が実際にパフォーマンスが高いことがわかり、全体的なコンバージョンを向上させるために、トリートメントメタデータをデフォルトの商品ページに適用することができるかもしれません。

異なるアプリのアイコンを試したり、異なるアプリのプレビュービデオやスクリーンショットを試したりすることができます。

f:id:ruteinyoyokk121:20210617230928j:plain

また、各テストには最大3つのトリートメントを設定することができ、この例では3つのアイコンのカラースタイルを設定しています。

視聴者のうち、いずれかの処理を目にする割合を選択できます。

例えば、30%を選択した場合、3つのトリートメントのそれぞれが、全体のトラフィックの10%を得ることになります。

アプリアイコンを使ったテストでは、アプリをダウンロードするすべてのユーザーが一貫した体験を得られるようにしています。

結局のところ、アプリアイコンはApp Storeユーザーにアピールし、ホーム画面で目立つための重要な手段です。

そのため、製品ページでテスト用のアイコンを見た人は、自分のデバイスでアプリをダウンロードしたときにも同じアイコンが表示されます。

これを可能にするために、アプリのバイナリには、テストしたいアプリのバージョンのバリアントアイコンのアセットが含まれており、該当するデバイス用のすべてのサイズと、App Store用の1024x1024バージョンが含まれています。

また、特定のローカリゼーションのみでテストを実行する機能もあります。

例えば、製品ページが現在、英語、日本語、韓国語にローカライズされている場合、日本語のみでテストを実行することができます。

これにより、英語や韓国語にローカライズされた製品ページを見たユーザーは、テストの対象外となります。

これにより、ローカライズされた一部のユーザーにしか対応できない場合に、テストの対象を絞ることができます。

テストを実行すると、インプレッション数、ダウンロード数、コンバージョン数、ベースラインに対する各処理の改善度などの指標を含む結果をモニターすることができます。

App Analyticsの新機能の詳細については、「App Analyticsの新機能」をご覧ください。

結果を確認したら、アプリのデフォルトページにいずれかの処理を適用して、すべてのユーザーに最も効果的なバージョンのページを表示できるようになります。

なお、適用する処理でアプリのアイコンが異なる場合は、次のバージョンのアプリのバイナリでデフォルトのアイコンを更新することで、そのアイコンを適用します。

最後に、両機能について説明したすべての機能は、App Store Connect APIによってサポートされます。

APIの完全な仕様は、今年の後半に公開される予定です。