技術と本について書くblog

技術と本について書くblog。技術メモなど雑記を書いているblog。

Chrome ExtensionをSafari Extensionに変更する

xcruntrict-dynamic/path/to/extension

これでフォルダごと作成されるのでIcon.pngを追加して起動するだけ。

ただ、制限が結構あるので注意

コンバーターがより多くの情報を必要とする場合、それは対話的にあなたに尋ねます、あるいはあなたは以下のコマンドラインオプションを提供することができます:

--project-location 生成されたアプリとXcodeプロジェクトをファイルパスに保存します。

--rebuild-project さまざまなオプションまたはプラットフォームを使用して、ファイルパスで既存のSafariWeb拡張Xcodeプロジェクトを再構築します。このオプションを使用して、iOSを既存のmacOSプロジェクトに追加します。

--app-name
 値を使用して、生成されたアプリとXcodeプロジェクトに名前を付けます。

--bundle-identifier 生成されたアプリのバンドル識別子として値を使用します。この識別子は、開発者アカウントのアプリに固有です。逆引きDNSスタイルの識別子をお勧めします(たとえば)。com.company.extensionName

--swift 生成されたアプリでSwiftを使用します。

--objc 生成されたアプリでObjective-Cを使用します。

--ios-only iOSのみのプロジェクトを作成します。

--mac-only macOSのみのプロジェクトを作成します。

--copy-resources 生成されたプロジェクトに拡張ファイルをコピーします。このパラメーターを指定しない場合、プロジェクトは元の拡張子ファイルを参照します。

--no-open 完了したら、生成されたXcodeプロジェクトを開かないでください。

--no-prompt 確認プロンプトを表示しないでください。

--force 出力ディレクトリが存在する場合は、それを上書きします。

--help ヘルプテキストを印刷します。

developer.apple.com